会社買取センターは何を買い取るのか

会社買取のという新しいサービスに私たちは取り組んでいます。「何を買い取ってくれるのだろう?」という疑問を持たれる方も多いかと思いますので、会社買取センターが何を買い取るのかという事について解説させて頂きます

買取のパターン
リユース品の買取サイトであれば、買取アイテムの欄に「家電」「貴金属」「カメラ」「着物」といったように買取が可能なカテゴリーが列記されている事が一般的です。本サービスで買取が出来る代表的なカテゴリーとしては「会社全体の買取」「事業部の買取」があがってきます。これはM&Aで言うところの株式譲渡や事業譲渡にあたるものになります。こうした会社全体や事業部の買取だけではなく、開発したソフトウェアやアプリケーション、特許などの知財、顧客リストなどの無形資産までも買取をする事に会社買取センターの特徴があります。また、生産設備などの動産から土地、倉庫、工場などの不動産も買取の対象としています。経営者が「売りたい」と思ったタイミングで「スピーディー・手寧・フェアな価格」で買取をさせて頂く事をテーマとしています。

会社の査定と審査について

会社買取センターでは社内・社外の専門家の知見を元に独自の「会社の査定」をおこなっています。M&A仲介業務におけるDDにあたるプロセスになります。会社買取というサービスを通じて、経営者のネクストステップを支援する事が当社のビジョンとなっておりますが、全ての会社を買い取れるわけではありません。私どもの審査基準に則り、適切に会社の査定をおこなった上で買取を実施させて頂きます。