会社買取センターという名称にこめた思い

事業承継の新たなカタチを目指して

事業承継という視点で経営者のネクストステップを考えた際に、一般的には「親族承継」「従業員承継」「第三者承継」という選択肢が一般的に考えられます。特に「第三者承継」に関しては10年前に比べるとM&A仲介会社の会社数も増え、ディールの数も年々増加傾向にあります。

後継者不足に悩む経営者が買収を希望する経営者と条件面で折り合がついて、双方の思いがひとつになって事業承継が実現したという美談がメディアにはあふれていますが、その背後にはM&Aの失敗事例が数多く存在しています。経営者が事業承継を考えたときのオルタナティブな選択肢があるべきであるというのが当サービスの起点になります。多くの議論を重ねた上で、経営者によりそった事業承継の解決策としては当社がリスクをとって「会社の買取をしていく」のが良いのではないかというアイデアが生まれてきました。

経営の多様性に寛容な社会へ

経営者が次の経営者に事業を引き継ぐ事の難しさを数多くみてきました。だからこそ当社が後継者問題に悩む企業を引き受け、当社の事業運営に関するノウハウを取り入れる事によって会社を新たなステージに引き上げる事を目標としています。私たちも全ての経営課題を解決できるとは思っていません。お引き受けさせて頂く企業の従業員の方、取引先の方、お客様、すべてのステークホルダーの声に真摯に向き合い、新たな企業価値の創造に取り組んでいく事を目標としていきます。良き伴走者の元、適切なタイミングで会社を手放すを決断できれば、経営者の心理的・経済的な痛みを最小限にする事ができます。経営資源の乏しくなった経営者は、小さな障壁すらも超えることが出来ずに、倒産してしまう場合もあります。

知識と適切なパートナーがいれば事業承継に関わる障壁を避けることが出来ます。会社買取センターは、経営者に寄り添い、バリアをひとつひとつひとつ解消してゴールを迎える事を目指します。その上で、経営者が新たなチャレンジをしやすい環境をつくる事が、新規事業や雇用を生む事に繋がると言えます。人口が縮小する社会において、経営者は貴重な資産と言えます。起業・廃業・再起業が当たり前に出来る環境づくりを用意する事が、日本の経済に好循環を与えると考えています。